«前の日記(2014年07月30日) 最新 次の日記(2014年08月31日)» 編集

ハウル@矢野


2014年08月13日 ハウルの米子町歩き [長年日記]

_

_ 今年の夏は、全国的には気候変動のせいか台風の影響も相まって猛暑だったり大雨だ

ったりと災害が沢山発災しています。

ぼくたち盲導犬も体調がおかしくなりそうです。

この間は、お父さんの患者会の人たちと米子市の町歩きをしました。

その日は朝からから既に気温が30℃を超えています。なんだかいやな予感がするな

あ。

JR松江駅に集合しました。

ぼくの仲間の盲導犬とまずは、ごあいさつをします。「久しぶりだねえ。」ハグハグ

お父さんたちは、緑の窓口で2人ペアで切符を買うようです。

駅員さんに誘導してもらい、スロープを架けてもらい列車に乗り込みました。

列車の中は涼しいなあ。ぼくは、お父さんの足元にダウンをしました。床も冷たくて

お昼寝が出来そうです。

約30分ほどでJR米子駅に到着しました。涼しいのは、ここまでです。

駅員さんにスロープを架けてもらい改札口まで誘導してもらいます。

今日のボランテイアさんが待っていてくれました。

他に鳥取方面からの人も到着です。

盲導犬はぼくを含めて3頭です。

近くにある今夜お泊りのホテルに向かいます。

5〜6分で到着です。ホテルで荷物を降ろして米子市観光協会のガイドさんと合流し

て、米子市内へ出発です。

ほかの盲導犬は、ホテルで待っているそうです。えっ、ぼくだけー。お父さんにつれ

て出られました。(シクシク)

仕方がないので、ぼくはあちちと言いながら一生懸命に歩きます。商店街のアーケー

ドを歩きます。土曜夜市が今夜はあるそうで、お昼からいろいろなお店がでています

。何かいい匂いのするお店も3軒

くらいありました。ぼくは、匂いに気をとられながら歩きます。アーケードなので少

しはましです。アーケードを出たところで少し休んで水を飲みました。ガブガブと2

杯飲みました。首にもお水を沢山かけてもらいました。少しは冷えたかなあ。ぼくは

、もったいないのでプルプルもしませんでした。

信号待ちでよその団体に会いました。なんだかデモ行進しているようです。こっちの

団体は、きれいなおねえさんが多いです。

信号を渡っておねえさんたちの団体がまっすぐ行くのでぼくは思わずついていってし

まいました。

お父さんも何も言わないのでそれでいいかと思いました。

ガイドさんが迎えにきました。「そっちは違いますよ。」お父さんはガイドさんにつ

れて行かれました。みんなと合流して、山陰歴史博物館につきました。ここは、前の

米子市役所だったところだそうです。でも、冷房がきいていません。ガッカリです。

ガイドさんがいろんな説明をしています。米子城のしゃちほこや昔の農機具などたく

さんありました。

昭和の初めに出来た建物なので、なんだか古い匂いがします。30分くらいお話を聞

いて加茂川遊覧船のりばに向かい出発です。

それにしても暑いです。天気予報では、37℃の最高気温だと言っていました。でも

それ以上はありそうです。

ぼくは地面近くを歩くので50℃くらいかなあ。早く船に乗りたいです。

中町後藤家は、江戸時代回線問屋をしていた豪商だったそうです。JRの駅名に名字

がついているのは、後藤駅だけだそうです。堺線など鉄道が敷設される時に多大な援

助をした証だそうです。

偉い人だなあ。このあたりは加茂川沿いにいくつもの蔵があって、船で荷物を運んで

いたそうです。お店の裏側だったんですね。

お待ちかねの遊覧船乗り場に到着しました。2艘の船が予約してあります。ここまで

来て船に乗らずに休憩する人も出てきました。それほどに暑いということです。お父

さんたちは、二手に分かれて乗船しました。船は屋根がないので暑そうですよ。

乗船してから千兆さんが、ライフジャケットを首から通しました。ただでさえ暑いの

にね、それは、もしもの時のためです。

船はゆっくりと出港しました。途中にいくつかの橋がかかっています。今日は満潮だ

そうで、橋の下を通行するときには、頭を下げてください。と千兆さんが言われまし

た。お父さんたちは、練習をさせられました。

中海に出るにしたがって風が出てきました。波もあります。結構揺れます。また、波

しぶきも随分かかります。お父さんは、冷たくて気持ちよさそうです。

ぼくは本当はあんまり水は得意ではありません。いやだなあ。

中海に出る少し前にもう1艘が追い越して行きました。

後ろを振り返ると雲から頭を出した大山が見えました。

右手には弓ヶ浜半島、正面には島根半島の山や左手には大根島が見えます。

だんだん波もまして荒くなりました。ぼくは、少し緊張して「はーはー」が出ます。

早くUターンしないかなあ。

ガイドさんが米子城の歴史とか戦国時代の山中鹿之助のお話などお父さんが好きそう

な説明です。

やがて、船はゆっくりと旋回し始めました。「助かったなあ。」

またまた、橋の下をかがんで通り向けます。「船が止まるまで立ち上がらないで下さ

い。」と千兆さんです。

船はいろいろなところに段があったり大きく跨いだり結構歩きにくいです。

やっと上陸しました。ぼくは、まだ船にゆられているような感じで、なんだか少しフ

ラフラです。

船の待合のベンチで休憩です。船を降りたら風を切らないので暑さがもどって来まし

た。

帰りは、駅通の東を南に向かいます。狭い道なんだけど江戸時代の街道の交差点に着

きガイドさんが説明をしています。南は、美作方面、東は、鳥取方面だそうです。昔

はたいそうにぎやかだったのでしょうね。

しばらく歩いてやっとホテルに到着しました。

みんなすっかりお疲れモードです。

ぼくは、ホテルの人にお水をいれてもらいまたガブガブと飲みました。

今日のぼくのお仕事もほとんど終わりです。とっても暑い一日でした。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ みほりん (2014年08月15日 09:41)

猛暑の中お疲れ様でした。米子の町歩きも見どころがたくさんあって充実しちょりますね~♪ <br>ハウルはほんとに頑張りましたね、すごい体力です!お疲れ様でした。

_ モッコ (2014年08月15日 18:45)

こんにちは。 <br>暑い中、大変でしたね。 <br>でも、色々と体験して良かったでしょう。 <br>お盆休みですけど、人が多くて <br>スーパーも品薄ですね。 <br>夏バテに気を付けて <br>過ごして下さい。

_ 千葉のソラ母 (2014年08月20日 10:02)

こんにちは!お父さんもハウルも暑い夏を満喫してますね。外に出るのを躊躇ってる私はふたりを見習わないと!

[]