«前の日記(2014年10月04日) 最新 次の日記(2014年10月15日)» 編集

ハウル@矢野


2014年10月08日 ★NHK松江放送局に見学に行きました [長年日記]

_ 9月29日(月)にNHK松江放送局に見学に行きました。

お父さんの難病患者会の10数名で参加しました。

1階のロビーに集合して、MHKの案内担当のおねえさんが説明してくれました。

ここの放送局は、約150人が働いているそうです。2階のフロアーで主にいるそう

です。

ロビーには、パソコンが数台あり見逃した番組などが見れるそうです。それから、ア

ーカイブスとかオンデマンド配信とか言っています。ぼくには難しいなあ。

おかあさんといっしょのむいぐるみや人が入れるくらいの着ぐるみもあります。

患者さんの3歳の息子さんが走り回っています。

お隣のお部屋にはキャスターの疑似体験が出来るスタジオがありました。

ニュースの原稿を二人で(男性と女性)読んでそれをDVDにとって後でもらえるらし

いです。

最初に実際のキャスターさんが読んだもの(DVD)を見ました。

それから、一度リハーサルをして本番です。キャスターの背景も本格的に宍道湖大橋

を車が行きかう様子が写っています。ホンマもんみたいだなあ。

そのほかのぼくたちは椅子に座って笑いながら見守っています。3歳の子供は関係な

く走り回って撮影に写っています。

前もってニュース原稿は渡されていたみたいなのであんまりかまないで上手です。

原稿には二人で一緒にしゃべるとかいてあったところなどは息が合わない様子です。

またまた、大笑いです。人ごとだなあ。

今度は、実際にしまねっと610のスタジオに行きました。キャスターの座るところ

は20cm高くなっていました。

前には、テレビカメラが3台ありました。真ん中の2カメをみてニュースを読むそう

です。

ニュース原稿はフォントサイズが24ポイントくらいの大きさです。一枚一枚手元の

ガラスみたいなところに置くと2カメのところに映されます。は〜ん それでカメラ

目線でしゃべられるんですね

スタジオはライトが沢山あって暑いです。本番以外の時はエアコンはないそうです。

割としっかりしています。

松江放送局ではお化粧も自分でするし、洋服も自前だそうです。おはよう日本の鈴木

直子さんは髪も洋服もお化粧も人にしてもらえるそうです。

最後に記念撮影をして、NHK松江放送局の見学は終わりです。

夕方の7時前にやっと写りました。難病患者会の活動内容などをアナウンサーさんが

お話してくれました。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ みほりん (2014年10月20日 12:00)

ふーん・・・いろいろと放送の謎がとけましたね。 <br>私も機会があれば行ってみたいなあ。 <br>地元のニュースやしまねっとの番組や、毎日見てるので <br>興味深々だわ~。

[]