トップ «前の日記(2020年10月30日) 最新 次の日記(2020年11月02日)» 編集

としまる日記@島根ハーネスの会


2020年11月01日 災害用伝言板(web171) [長年日記]

_ 災害用伝言ダイヤル 171番

今日から11月ですね。

朝夕の寒さが少しずつ厳しくなってきました。

今日もとても良い天気になりました。

_ 昨日も天気も良く、娘の運転で始めて県外にでました。

鳥取県西部に大山(だいせん)と言う山があり松江市から高速を使うと1時間30分くらいで大山の大山寺と言う所に行きます。眼が見えていた頃はスキーとかよく行きました。

失明後ボランティアのみなさんの力をかりて、大山登山もしました。

_ 紅葉を見に出かけた訳ですが、今日は天気も良く暖かな一日でしたが、紅葉が奇麗でした。

_ 行きは9号線を通って大山に向かいましたが、安来市とお隣の鳥取県米子市との県境当たりから車の渋滞でした。

大山も紅葉が奇麗でしたが、駐車場はどこも満杯。食事をする場所も亡く、大山の大山寺当たりからぐるっと一週しようと考えていましたが、工事中の箇所があり、片側通行になっていて、1キロ近い渋滞で、途中、道を換えて岡山県の蒜山に出て、ジンギスカンを食べて帰りました。

食事したのが2時ごろだったかな?家に帰ったのが4時30分でした。

すれ違う車や自分の車の前の車も後走る車も鳥取県や島根県の車で無く、県外ナンバーの車で県外から観光に来ておられる方が非常に多いと思いましたし、おそらく松江城とか出雲退社とか石見銀山とか三瓶山など、県外から観光客のかたが沢山きておられるのだと思いました。

紅葉の秋、久しぶりに遠出をしました。

_ さて、災害はいつ起きるか解りません。

災害用伝言ダイヤル171番のご紹介です。

月の始まりの1日の日は、災害用伝言ダイヤル171番の体験利用が可能な日です。

災害が発生すると、被災地への電話が殺到して、つながりにくくなりますよね。そんな時に使う声の伝言板が「災害用伝言ダイヤル」です。

電話で伝言を登録しておくと、その番号に電話をかけて登録した伝言を聞く事ができます。

_ 操作方法は、まず「171」をダイヤルします。

音声が聞こえてきますので、音声案内に従って操作していきます。

メッセージは、30秒以内で、48時間保存されます。

10件まで登録可能だそうです。

_ #登録できるのは、被災地の市外局番から始まる固定電話番号に限られます。

どの電話番号に伝言を登録するかは、家族や親戚など、身近なみなさんで決めておく必要があります。

我が家ですと、自宅の電話番号に決めます。

災害用伝言ダイヤルを聴くのは携帯電話でも可能です。

_ #毎月月の始まりの日、一日の日は体験利用が可能な日です。

私は、万が一の事を考えて、毎月付きのはじめの日1日の日に体験利用をしています。

大地震など緊急災害が起きない事を願っていますが、いつ大規模な地震や緊急災害が起きるかわかりません。

万が一の事を考えて、家族で話し合っています。

_                                三輪 利春&アラン

_ 災害用伝言板(web171)

インターネット上で、安否等の情報をテキストで登録・確認できる伝言板です。

ご自宅や避難所などにあるパソコンや携帯電話などからインターネット上の伝言板

_ 災害時TOP画面 | 災害用伝言板(web171)

https://www.web171.jp/web171app/topRedirect.do;jsessionid=3853646AA0A583F8552E8C3894D617D8.ajp13w1  災害時TOP画面 | 災害用伝言板(web171) です。

_ アクセスすることによりご利用いただけます。

_ 災害用伝言板(web171)の操作の流れおよびご利用方法

東日本エリアの方 災害用伝言板(web171)伝言の登録・確認方法 | 広報宣伝活動 | 企業情報 | NTT東日本 http://www.ntt-east.co.jp/saigai/web171s/etsuran.html 東日本エリアの方 災害用伝言板(web171)伝言の登録・確認方法 | 広報宣伝活動 | 企業情報 | NTT東日本 です。

_ 西日本エリアの方

ご利用方法(伝言登録時の通知先設定)|災害用伝言板(web171)|災害に対する取り組み|NTT西日本 http://www.ntt-west.co.jp/dengon/web171/howto_1.html 西日本エリアの方 ご利用方法(伝言登録時の通知先設定)|災害用伝言板(web171)|災害に対する取り組み|NTT西日本 です。

_ 三輪 利春&アラン

[]

手作りのホームページです。としまるのホームページにようこそ

としまるのホームページへようこそ