こちらは、島根県内の盲導犬使用者と、サポートするボランティアで作る「島根ハーネスの会」のホームページです。

最近のニュース

島根ハーネスの会では、今回明かになりましたごく一部の心ない人による、仕事中の盲導犬が傷つけられるという卑劣な行為(2014年7月埼玉で発生)を知り、私たち全ての盲導犬ユーザー及び応援してくださるボランティアは強い怒りをおぼえ、ここに声明を発します。

被害を受けた盲導犬の傷が1日も早く回復し、また、被害者ユーザーの方の心の傷が少しでも小さくなり、パートナーと共に再び穏やかに歩んでいただけることを、心から願うとともに、このような事件が今後二度と起きない事を願っています。

現状の刑法における「器物損壊」と言う言葉で、私たちの身体の一部とも言える補助犬が1つの「物」として扱われてしまうことに、強く衝撃を受けています。また、一部報道において「盲導犬は何があっても声をあげないように訓練されている」と言われましたが、実際にそのような訓練は行われておりませんし、「ストレスにより短命」・「我慢を強要され、犬は犠牲者である」などの誤った情報が広がり、ユーザーにも厳しい言葉も浴びせられ困っています。

補助犬は多くの人々から精一杯の愛情を与えられ、人間を100%信頼して生きています。補助犬が我慢を強要されて働かされているような誤解を、私たちは望みません。

この度、全日本盲導犬使用者の会では、盲導犬を傷つける卑劣な行為を受けての要望書を国の各省庁に陳情します。

島根ハーネスの会はこの要望書に全員一致で賛同し、要望書に名前を連ね、強く要望いたします。

ご参考
全日本盲導犬使用者の会
盲導犬を傷つける卑劣な行為を受けての緊急声明
http://guidedog-jp.net/#menu1

認定NPO法人 全国盲導犬施設連合会
朝日新聞投稿記事「盲導犬が傷つけられた」事件について
トピックス(詳細) | 認定NPO法人全国盲導犬施設連合会
http://www.gd-rengokai.jp/topics/tp.php?tp=132

ユニバ・掲示板:【ご意見】盲導犬への誤解糾して- 毎日新聞
http://mainichi.jp/universalon/news/20140901mog00m010004000c.html

2014年度総会・交流会を開催しました

島根ハーネスの会は、2014年5月17日、18日と、総会・交流会を開催しました。
今回は新たな盲導犬として今岡さんの「ディーオ」くん、新たに仲間に加わったユーザーの大石さんが「リオ」ちゃんをつれてのご参加です。
あさひ訓練所で撮影した集合写真

今年の交流会は県西部でということで、久しぶりに日本盲導犬協会あさひ訓練センターにお邪魔し、パピーレクチャー(盲導犬訓練士の指導のもと、既に委託されているパピーウォーカーさんとパピー犬の勉強会)見学とパピーウォーカーさんとの交流会をさせてもらいました。

我々は、日々盲導犬とくらしていますが、盲導犬になる前のパピー(子犬)の様子については、なかなか知る機会がありません。今回は、6頭のパピーとパピーたちを預かるウィークエンドパピーウォーカーの4家族の方々がおいでになり、訓練の様子を披露くださいました。
パピーレクチャーの様子

パピーレクチャーは、盲導犬の訓練ではなく、人が好きになるための訓練、人といるとこんなに楽しいんだということを犬が認識するための訓練であるとのことで、おもちゃを使った遊びなどがふんだんに取り入れられており、はしゃぐパピーたちの様子に自然とこちらも笑みがこぼれます。

一方、パピーたちにとって、もちろんパピーウォーカーさんたちにとっても、今回の訓練披露は、たくさんの先輩盲導犬たちとユーザーさんが見つめる中でのこと、とてもたいへんだったのではないでしょうか。

先輩盲導犬たちは、訓練の間みんなじっとダウン(伏せ)の状態で待機です。おもちゃが取り出され、きっと自分たちも遊びたいだろうに、じっと我慢の子でさすがの貫禄でした。

なお、パピーレクチャー見学に先立ち、先日病気により退役した川上さんのパートナー犬「キャメル」の追悼式を行なっております。訓練センターの方でキャメルの祭壇をもうけていただき、全員で黙祷をささげました。
追悼式の様子


2日目は、訓練センターから程近い、ホテル川隅にて総会を開催しました。
総会は、作野先生の司会のもと、会の運営や予算、今後の予定などについて報告、話し合いを行いました。
総会の様子

また、新たなユーザーの大石さんから、盲導犬ユーザーになっての感想が述べられました。歩くことに対しての不安、怖さがなくなったこと、周りの方が声をかけてくださることなどが嬉しいとのことで盲導犬をもって良かったことがたくさんあると発表されました。

2日間天気も良くて、今年度もたいへん充実した総会・交流会になりました。ご参加の皆様、お疲れ様でした。