島根ハーネスの会

こちらは、島根県内の盲導犬使用者と、サポートするボランティアで作る「島根ハーネスの会」のホームページです。

イメージ:島根ハーネスの会

最近のニュース

石田さん(キララ)

(2017年02月18日)

石田さんとキララの写真

あたしはキララ、午年の7月27日生まれ、2才の女の子。
ご主人はっていうと、69歳、戌年なので、お父さんって云うか、ジィジィ ってほうが良いかな?なんて。
今はっていうと、ジィジィのお父さん、孫たちが”大きい ジィジィのお部屋”って呼んでたところに入れてくれてます。
わたしって、何にでも興味津々、一応は、しゃぶってみたり、噛んでみたり、かじってみたりしないととにかく気が済まないお年頃。
でもさ、藁の座布団とか、そうそう、ジィジィの奥さんがわざわざ、あたしのために買ってきてくれた土手付座布団、随分と気に入って寝てたんだけど、あたしったら、ついつい、重石ロックって、グルリの枕になってた綿をかじりだしちゃったなあ。
1か月も楽しんで綿、かじりだしちゃってへちゃんとした布切れもカリカリ、影も形もなくなてボロ雑巾みたいにしちゃったけど?ジィジィ、怒ったりしないんだもん。
代わりの座布団くれたんだよね。どうもジィジィが座ってたやつみたい、これは何だかかじれないんだよね。わかんないけど、不思議!!!、うん。
ところで、昨日の昼過ぎからゲーゲー始まって、ジィジィに心配かけてる。
夕べはジィジィはあたしの座布団の脇で寝袋敷いて看病だよ。
鼻が乾いてないかなぁ、肉球が熱くないかなぁ、息が荒くないかなぁ、って手を伸ばしてさぁ。
昨日の夜と今朝も、食欲なくってから、いつもの獣医さんとこへ連れてってくれた・今度は”慢性の胆嚢炎”だってさ。こっちに来て早々から、草とか籐椅子とか、ほら、何でもにかじりつくって言ってたやつ、胆嚢炎”のせいなんだって!!!
異常な味の症状って書いて、”いみしょう”って云うんだって。随分前からの慢性病らしい、うん。獣医さんがさっき、云ってたのを、聞いちゃったのよ。ストレスじゃぁなかったんだね。
その前は、去年の慢性膀胱炎でしょ、これもずっと前からだったようよ。
ばぁばぁは「やんなっちゃうわね。」、「キララ、うちで飼うの無理なんかな。」
ってぼやいてるのが心配。ジィジィはそんな気持ち、ないって思うけど。
持病持ってきたみたいで心配かけてる。直ぐにお医者に診せてくれたり、一所懸命にしてくれるの感じちゃうよね。
あたしって、体でこたえてないみたい、なんだかなぁ。
早く元気になったら、脇目振らずに歩くから、ほら、あたしのこと、また、いろんなとこへ連れてってよ。
春の東京行き、次の青森行きって続きそう。飛行機の音も、長い夜行列車も大丈夫かなぁ、って。
いつもジィジィがそばで「大丈夫、大丈夫」って声かけてくれるんだよね、つい、励まされて初めての体験しちゃってる。
初詣のお宮ねぇ、お詣りの人が鳥居の外から歩道まで、行列だったけど、怖い気持ちを飲み込んでお賽銭箱まで歩けたし、節分の時、すごい人込が豆の袋求めて波打ってたけど、逃げずにジィジィのそばにヒールできてたし、あたしって、結構頑張ってるの、判ってもらえてるかなぁ、うん。
今日はイヌ生初めての胃腸透視、変な物が残ってないか見てくれるんだって、で、夕方までお医者さんとこ。
早く、良くなるからさぁ、一緒に歩こうね。

大石さん(リオ)

(2017年02月18日)

くるくるっとした大きな目が、とても愛くるしい私のパートナーリオ。

リオの写真

頭を下げて、足を私の手にからませてくると、遊ぼうのサイン。
オーケイの指示で大好きなコットン、ボール、軍手の中からこれで遊ぼうと、おもちゃを持ってくると、私はもうメロメロで私もリオも楽しい時を過ごします。
そんなリオもハーネスをつけるととてもりりしく頼りになるカッコイイ女性に変身します。先日も、鹿児島からバスを乗り継ぎ、家に着くまで約14時間頑張ってくれました。
リオがいるから、今の私があるのだと感謝し、共に歩いていきます。

今岡さん(ディーオ)

(2017年02月18日)

昨年10月14日に盲導犬デビューした二頭目のパートナー、ディーオです。

ディーオの写真

ディーオとはイタリア語で「神」と言う意味。神様の神です。
沼津市在住のパピーウォーカーさんが、目の不自由なユーザーさんにとって、神のような存在であって欲しいとの願いを込めて命名された盲導犬です。
ディーオは、2011年9月1日生まれのラブラドールレトリバーのオス。色は黒、ブラックです。色つやともに素晴らしい真っ黒けっけのイケメンワンちゃんです。
パピー時代に英才教育を受けたディーオとの生活は、毎日が驚きの連続。外にでればカドやカーブ等など作業はきっちりこなし、部屋の中でも自分の居場所から勝手にでない、動かない、お利口さん。
今では、徐々に今岡家の家風に染まり、愛嬌を振りまくことができるようになりました。緊張しいの性格は相変わらず!!
頼りがいのあるディーオとともにあちこち出かけ、有意義な日々を過ごしたいと思います。
皆さんよろしくお願いします。

道畑さん(エブリー)

(2017年02月18日)

江津の道畑秀夫です。
昨年の5月18日から盲導犬のエブリーが我が家にきました。

エブリーの写真
いままで白杖歩行しているときは、人が声をかけてくれませんでしたが、エブリーといっしょに歩いていると、町の人が感心もって声をかけてくれるようになりました。
日課の散歩が楽しく、いつも歩いています。

道畑百代です。
天気の良い日には、家のまわりをエブリーと40分程度、散歩に出かけています。ヘルパーさんとエブリーと3人で、郵便局やスーパーに買い物に出かけています。
一人で白杖で歩いていた時には、できなかった小走りもできるようになって、気持ちよく、風を切って道を歩くことが出ます。
これからも、元気にエブリーと歩いて行きたいと思います。

(編注)
道畑さんは、タンデムといって一頭の盲導犬をご夫婦で使っておられます。

矢野さん(ハウル)

(2017年02月18日)

松江市の矢野です。
パートナーの名前は、ハウルといいます。F1で3歳のオスです。
ハウルが来た事で、行動範囲がそれまでとはかなり 広がりました。
思い立った時に、連れて行ってくれます。楽しい盲導犬ライフ(?)をしています。

ハウルの写真