島根ハーネスの会

こちらは、島根県内の盲導犬使用者と、サポートするボランティアで作る「島根ハーネスの会」のホームページです。

イメージ:島根ハーネスの会

最近のニュース

STICしらかた楽市に参加します

(2024年02月03日)

島根ハーネスの会では、2月23日(金・祝)に松江市スティックビルで開催される「STICしらかた楽市」に、参加します。

日本盲導犬協会島根あさひ訓練センター様と一緒に、盲導犬のデモンストレーションや、盲導犬をもっと知ってもらおうという趣旨のもと、ブース出展を行い市民の皆さんへ啓発活動を行います。

今年の4月1日から障害者差別解消法の事業所における合理的配慮が努力義務から義務へと変わります。 流れが少しずつ変わろうとしています。拒否や差別の無い社会の実現に向けて頑張りましょう。

お近くの方、お誘いの上ぜひご来場ください。

主催 松江市市民活動センター
日時 2月23日(金・祝)10時~14時
場所 スティック 松江市市民活動センター 1階にて

〇発表ステージ 10時15分~13時45分 
まつえ市民活動支援協議会 うた・バンド ・詩吟など 日ごろの活動の成果を発表 応援しにきてね! ガラポン抽選会もあるよ!

〇スティック寺子屋 「盲導犬に教えてもらおう!」
盲導犬による実演 11時30分~12時
講師 日本盲導犬協会職員 盲導犬PR犬
島根ハーネスの会の盲導犬達といっしょに学べるブースあります
目が見えない・見えにくい人に、 サポートできることはどんなこと?

〇販売・展示
おいしいもの、かわいいもの、ならびます!

2023年 島根ハーネスの会 春の交流会開催報告

(2023年05月30日)

島根ハーネスの会では、会員の皆様の交流と、盲導犬に関する情報共有のため、春の交流会を2023年5月27日、28日と2日にわたり島根県飯南町で開催しました。

1日目の5月27日(土)はバスで飯南町に向かいました。集合場所の頓原道の駅で、あさひ訓練センターの訓練士さん、ボランティアの皆さんと合流し、総会を開催しました。ボランティアの渡部さんに議長をしていただき、議案は全て承認されました。総会に出ておられない 方には後日資料を送らせていただきますのでよろしくお願いいたします。

総会後は自動運転サービスの体験会がありました。

4班に分かれて乗車し、赤名の町をゆっくりと回りました。車はカートのような乗り物でドアはなく座席は3列で、車の左右は透明なビニールで覆われていました。前にあるつかまえるところをしっかり捕まえていてくださいと注意がありました。 お天気が良くのんびり進んでいく自動運転の車は角で止まるときにはチリンチリンと鈴のような音がしました。 一周23分かかるため待ち時間もたくさんあり皆さんお話されたり、盲導犬のパピーと触れ合ったりしてのんびりとした時間を過ごしました。

5月28日(日)2日目は赤名湿地散策の予定を変更し、谷笑学校で開催された「盲導犬ふれあい教室」に参加しました。

ユーザーさんがお一人づつお話されましたが、そのお話がとても子どもさんに分かりやすく心を込めてお話され、お話の内容もそれぞれに違いお一人お一人の言葉が心に沁みました。 7人のユーザーさんのお話はそれはそれは素晴らしかったです。 後からICレコーダーに録音しておけば良かったと悔やみました。 ほんとうに素晴らしいお話で私はただただ聞き入っておりました。録音しなかったこ とが残念でなりません・・・失礼しました。 盲導犬ふれあい教室は、山田訓練士さんにお世話になりとてもスムーズに楽しく進行 していきました。 盲導犬デモンストレーションは石田&クベルさんがされ、山田訓練士さんの説明で盲導犬歩行を皆さんに見ていただきました。子どもさんたちは興味津々、石田&クベル さんは上手に大きくぐるりと一周回られました。 ユーザーさんの手引きをしてもらう体験もあり、岩谷&ヴォイスさんと矢野&ハダルさんが子どもさんに手引きをしてもらい歩かれました。子どもさん達からは「これからお手伝いしたい」という感想がたくさんありました。 最後に7頭の盲導犬がハーネスをはずして自由にユーザーさんや盲導犬と触れ合ってもらいました。子どもさんも地域の方も楽しい時間を過ごされたことと思います。 笑顔がいっぱいの盲導犬ふれあい教室でした。 楽しく進行していただきました山田訓練士さんありがとうございました。

その後、大しめ縄創作館へ移動し、小型のしめ縄づくりを体験しました。わらをよるのは初めてでコツが分かるまでは難しかったですが、出来上がったしめ縄 を家に飾ることができて嬉しかったです。 以上楽しい交流会が無事に終わりました。

集合写真

加藤さん(マノン)

(2023年05月27日)

加藤さんとマノンちゃん

2023年3月に貸与をうけた、加藤&マノンです。

良い意味でも悪い意味でもマイペース、黒ラブの女の子です。

これからもよろしくお願いします。

三輪さん(グラン)

(2023年01月09日)

三輪さんと、足元にダウンしているグランの写真

三輪&グランです。
グランは2022年10月17日に盲導犬になり良きパートナーとして一緒に生活しています。ラブラドールレトリーバーのオスで色はイエローです。

とても元気な子で、足を開くと股の下を何度も股くぐりします。おもちゃで遊ぶのも大好きな子です。
ハーネスを付けると盲導犬としてしっかり指示に従って歩いてくれます。
私達は指示に従ってくれたら「グッドグッド」と褒めながら次の指示語を出して、右手を大きく体の前で振り子のように振りながら歩きます。
グッド!の言葉は口を左右に広げて、すこし笑顔をたすと、笑顔の「グッド」となり毎日歩くのが楽しくなる生活をしています。

丸山さん(フィーロ)

(2023年01月06日)

フィーロがハーネスをつけて歩いている写真

フィーロです。
イタリア語で「糸」という意味です。
たくさんの人と糸をつなぐようにという意味が込められています。
楽しくてやさしくてくいしんぼうです。
島根県のパンフレットにも登場しています。
みんな見てね。